健康に痩せる.COM さくらの日記

ダイエットがメインの雑学です☺iphone関連も時々あるよ

説明する力 相手のわかる言葉で話す

自分では丁寧に説明したつもりなのに、今ひとつ

伝わってないのではないかと思うことはありませんか?

 

それは、誰にでも経験があることだと思います。

 

その際、まず疑うべきことは、そもそも言葉の意味わかっていない

のではないかと言うことです。

 

これは実際によく起こり得ることです。

 

これは聞き手の理解力の問題ではありません!

 

話しての「思い込み」の問題なのです。

 

物事を説明するときに私達は文章で話します。

文章は単語で作られています。

 

その単語がわからないと、ところどころ音声がプチッと途切れたような状態になるのです。

それでは、さっぱり何を話しているのかわからなくなり、つまらなくなるのです。

 

なので、相手がわかる言葉で話さなければなりません。

 

ビジネスで使う言葉、ゲームで使う言葉、普段生活していて使わない言葉は

特に気をつけなければなりません。

 

それがわからない人は特になのですが、相手の顔色をしっかり見て話しましょう。

ん?となっていたり、

?マークが顔に出ているような感覚になることがあります。

 

これがあったら、わかっていない証拠です。

すぐに専門用語を簡単な言葉に変えましょう。

 

たとえば、

リアルタイム→今現在

 

コモディティ化→バナナは昔は高級品でしたが、今はやすくなりました。このようなことが起こってしまうかもしれません。

 

光合成→ご飯を食べる。

などなど、

 

専門用語は人によって解釈が違う場合もあります。

年齢が違えば逆の意味の言葉もあります。

 

相手の立場になって話すだけでは足りないかもしれません。

相手になりきって話すようにしましょう。

 

ん?となっている顔がパーと明るい顔になっていただけるのは気持ちの良いものですよ。

 

繰り返しになりますが、

相手になりきって話すことをおすすめします。

 

こんな記事も読まれています↓↓↓

 

www.xn--b9j5a6f559lz7o8z5a.com