健康に痩せる.COM さくらの日記

ダイエットがメインの雑学です。名前はさくらですが、おじちゃんです。

マーケティング 戦略 【なぜか予算より高い車を買ってしまう理由】

マーケティング 戦略 【なぜか予算より高い車を買ってしまう理由】

前記事の「ジャムの実験」で証明されたように、

人間の選択することができるのは5~9であります。

f:id:yshinya:20190629213421j:plain

マーケティング戦略

なのに、

56種類の内装色

26種類の外装色

25種類のエンジンとギアボックスの組み合わせ

13種類のハンドル

4種類の内装スタイル

4種類の変速ノブ

 

このように、選択を迫られるのです。

 

このように、選択を迫られるとどうなるか?

 

結論をいうと、脳が疲れて、最後には営業マンに選ばせてしまうのです。

「どれが良いですか?」

「一番人気があるのはどれですか?それにします。」

脳の疲れが予算より高い車を買ってします理由なのです。

 

 

・根拠は

ドイツで750人の顧客を対象として

レバーブ准教授が実験をして2010年に論文で発表した。

 

ドイツでは新車を購入する際、事前にカスタムオーダーするのが一般的で

上記の中から顧客はそれぞれ1つを選ばなければならないのです。

 

種類の多い方から選んだグループ

 

種類の少ない方から選んだグループ

 

に分けて実験をおこなった。

 

結果は明白でした。

 

種類の多い方から選んだグループは、途中で選択を放棄する人が多く、

種類の少ない方から選んだグループは、最後まで洗濯した人が多かった。

 

この実験が証明したのは、人間が決断できるエネルギーには限界がある、ということだ。

 

1つの決断をするごとにタンクにあるエネルギーが減っていき、空になると

「もうどうにでもなれ」

となってしまうのである。

 

【決断疲れ】におちいると、お金の感覚も麻痺しています。

覚えはないだろうか、疲れて帰って寝る前に、テレビショッピングで買ってしまったとか、アマゾンで買ってしまったとか。

 

最初は、値段と質を考慮しながら選ぶのだが、疲れるにつれ

「ちょっと高くてもいいから決断する作業から開放されたい」

という気持ちになる。というか、脳に命令されているのでしょうね。

 

レバーブ准教授の調査でも、何度も選択を重ねた人は、選択肢が4種類しかなくても、

「もう何でも良いです」

となり、進められるまま高いオプションを買ってしまったという。

 

 

ただ、例外もあります。

最初から知識がある人は、ない人よりも疲れにくいのです。

家で何度も何度もカラログを見ていた人や、人の車を見て想像していた人は

最後まで選択できたのでしょう。