健康に痩せる.COM さくらの日記

ダイエットがメインの雑学です。名前はさくらですが、おじちゃんです。

つらい!夏の冷え性

頑丈な男性でも夏のエアコンなどで風邪を引くことがあります。

ましてや、体積の小さい女性ならばもっと大変です。

 

冷え性とは、自律神経の乱れによって体の血行が悪くなっている状態です。

 

夏の冷房にや、冷たい飲み物によって自律神経がぐちゃぐちゃになっているのです。

 

夏の冷え性の特徴では足がむくんだり、肩こりや腰痛、手足が冷えて辛いといったものがあります。

 

今回は冷え性に関して記事にします。

・目次

f:id:yshinya:20190818164535j:plain

夏の冷え性をふせぐ方法

エアコンの温度は28度に

温度差があると夏の冷え性にっていまします。

それをふせぐために28度がいいでしょう。

 

温度設定ができない場所などは、長袖の服を用意して体感温度を上げるようにしましょう。

 

冷たい飲み物は飲まない

自然界には冷たい飲み物は基本的に存在しません。

10度以下の飲み物をごくごく飲めば自律神経もみだれるってものです。

 

夏の冷え性の人は温かい飲み物を飲むように心がけましょう。

 

女性は下半身が冷えないようにしましょう

女性はスカートをはくので下半身が冷えやすいです。

また、下半身の筋肉が少ないので血流がとどこおり、足がむくみやすくなっています。

ひざ掛けを常備して使う他、座っているときにはかかとの揚げ足運動を行うなどの運動をしてふくらはぎの筋肉の運動をして血流を良くしましょう。

 

睡眠をしっかりとる

冷え予防にエアコンを使わずに寝れなかったりすると自律神経が乱れて逆効果です。

布団や毛布を用意するなどをしてエアコンをつけて熟睡しましょう。

 

繰り返しになりますが、夏の冷え性は自律神経の乱れによってなるのです。

自律神経を整えるためには質の高い睡眠が必要なのです。